« 被ばくミニ知識1「放射線被ばくをできるだけ避けるのはなぜ?」 | トップページ | 被ばくミニ知識2 「線量限度」は年間1mSv、「線量目標値」はその20分の1 »

2016年10月31日 (月)

「9.24 福島検討委員会パンフ配布・傍聴報告会」を開催しました

 2016914日の福島県民健康調査検討委員会では甲状腺検診縮小の動きが報じられており、当会では急きょ「甲状腺検診縮小??」のパンフレットを作成、14日の検討委員会を3名が傍聴、傍聴者・取材者、参加者にパンフを配付しました。

924日、午後615分から、文京区・アカデミー茗台・学習室Aでその報告会+企画相談会を開きました。参加者は13名でした。

報告の内容は?

14日の検討委員会を傍聴した3人がそれぞれの目線から報告し、質疑応答しました。

92429_2  栗原さん、温品は主に当日の検討委員会の内容などを紹介しました。検討会委員から、検診継続を求める声が多数出されましたが、同時に「過剰診断」論が染みついた発言も。

検討委員会の資料には、県民から寄せられた多くの声が紹介されていることも報告されました。

家森さんからは「2巡目検査を受けていない子が11万人」におよぶ現状を憂慮する報告がありました。

報告会参加に参加された皆さんにパンフをお買い上げいただき、広めていただきました。

栗原さんの報告

温品の報告

家森さんの報告

« 被ばくミニ知識1「放射線被ばくをできるだけ避けるのはなぜ?」 | トップページ | 被ばくミニ知識2 「線量限度」は年間1mSv、「線量目標値」はその20分の1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1976038/68191893

この記事へのトラックバック一覧です: 「9.24 福島検討委員会パンフ配布・傍聴報告会」を開催しました:

« 被ばくミニ知識1「放射線被ばくをできるだけ避けるのはなぜ?」 | トップページ | 被ばくミニ知識2 「線量限度」は年間1mSv、「線量目標値」はその20分の1 »

無料ブログはココログ