«   4.2 第35回被ばく学習会「白血病は原発のせいじゃない?!」のお知らせ:改訂しました | トップページ | 福島甲状腺がんを見つけないようにしている?! 2.20福島検討委員会報告 »

2017年3月 4日 (土)

あれから6年・・・放射能はいま No.1 2017.2

                  
あれから6年・・・放射能は いま
      
      N0.1  2017年2月

 チラシはこちら

Osentizu2

 福島原発事故から6年。降り注がれた放射能はどうなったのでしょうか。各地の土の放射性セシウム(セシウム134137)を調べ、1平方メートル当たりのベクレル(Bq/m2)に換算しました

事故前の12倍以上

八王子市東久留米市文京区の1ヶ所(図の小さな青い棒) 3,0006,000Bq/m2。現行法では6,500Bq/m2(100Bq/kg)以下は放射性物質として扱われませんが、福島原発事故前は関東の土は平均240Bq/m2でした**。事故後は12倍以上も汚染されています

6,500Bq/m2を超える放射性物質の上で暮らしている

熱海市14,00037,000Bq/m2(図の赤い棒)。福島原発から300Km離れていても、安心はできません。放射能汚染された草地で小さな子がよく寝転んで遊んでいます。

文京区2ヶ所、江戸川区11,00030,000Bq/m2(図の赤い棒)。セシウムがたまりやすい所ではなく、ごく普通の場所でも、これだけ汚染されていました。

40,000Bq/m2超は放射線管理区域

40000bq3_2

運動場になっている江戸川、日光の河川敷63,00076,000Bq/m2(図の黒い棒)。40,000Bq/2を超えると放射線管理区域です。原発の放射線管理区域と同じです。放射線管理手帳を持たない一般人は立入禁止です40,000Bq/2の場合、1メートル四方の地面から毎秒4万本の放射線が放射され、住人は毎日5兆個の分子が破壊されます

柏市、取手市、福島県いわき市230,000306,000 Bq/2(図の黒い棒)。避難指示は出されていませんが、管理区域の5倍以上の汚染です。多くの人々が、そんなところでの生活を強いられています。

6年経っても、これだけ汚染されています。あと6年経っても、22%減るだけです。被ばくはこれからも続きます

 **「環境放射線データベース」で検索 https://goo.gl/269Dza 

«   4.2 第35回被ばく学習会「白血病は原発のせいじゃない?!」のお知らせ:改訂しました | トップページ | 福島甲状腺がんを見つけないようにしている?! 2.20福島検討委員会報告 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1976038/69807942

この記事へのトラックバック一覧です: あれから6年・・・放射能はいま No.1 2017.2:

«   4.2 第35回被ばく学習会「白血病は原発のせいじゃない?!」のお知らせ:改訂しました | トップページ | 福島甲状腺がんを見つけないようにしている?! 2.20福島検討委員会報告 »

無料ブログはココログ