« 白血病は原発のせいじゃない?!  4.2 第35回被ばく学習会の報告(その1) | トップページ | わずか6年で事故前の23年分を被ばく(柏市)「あれから6年・・・放射能はいま」No.2 »

2017年4月 6日 (木)

5.13第36回被ばく学習会「内部被ばくはこうして隠された」のお知らせ

201705133_

チラシはこちら

Photo_2 ヒロシマ・ナガサキでは、原爆投下時に市内におらず、投下後に駆けつけた人たちの多くも、下痢、脱毛などの症状を呈した後、亡くなりました(入市被ばく)。吸い込んだりして体内に取り込んだ放射能による内部被ばくの影響が大きいものでした。3月20日に亡くなった肥田舜太郎さんも強調していました。しかし日米両政府とも、いまだにこの内部被ばくを認めていません。

ビキニ環礁で行われた水爆実験では、第五福竜丸船員の被害だけが取り上げられ、他の992隻もの船員の被害は無視されてきました。

Photo 高橋博子さん(明治学院大学 国際平和研究所 研究員)は、戦後、ヒロシマ・ナガサキの被害報道を禁止した米国の対応を大学院時代から不審に思い、米国の公文書館に通い詰め、米国が多くの研究者を動員し術策を弄して原水爆による内部被ばくを必死に隠してきた事実を明らかにされました。ビキニ環礁水爆実験に関しても、日本政府が戦犯釈放と引き換えに、米国の責任を問うことなく、わずかな見舞金で決着させた疑いがあることを突き止めています。

 内部被ばくはなぜ、どのようにして隠されてきたのか、お話しいただきます。

S_20170513aarekara21_edited1

« 白血病は原発のせいじゃない?!  4.2 第35回被ばく学習会の報告(その1) | トップページ | わずか6年で事故前の23年分を被ばく(柏市)「あれから6年・・・放射能はいま」No.2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1976038/70170291

この記事へのトラックバック一覧です: 5.13第36回被ばく学習会「内部被ばくはこうして隠された」のお知らせ:

« 白血病は原発のせいじゃない?!  4.2 第35回被ばく学習会の報告(その1) | トップページ | わずか6年で事故前の23年分を被ばく(柏市)「あれから6年・・・放射能はいま」No.2 »

無料ブログはココログ