« 福島甲状腺検査に大欠陥!ー4歳児の甲状腺がん、検討委にも報告されずー | トップページ | 死に至る内部被ばく-5.13第36回被ばく学習会報告・その2 »

2017年5月28日 (日)

6.6浪江町線量測定報告会 「測った・見た・聞いた 浪江町の放射能はいま」開催のお知らせ

Photo_2

 PDFはこちら

2_edited1_2

https://goo.gl/dJi7tQ より改変

 福島県浪江町の、海に近い「避難指示解除準備区域」(図の水色地域)、「居住制限区域」(黄色地域)は3月31日、避難指示が解除されました。政府は「20mSv帰還政策」を進めています。避難指示が解除された区域の空間線量は、いったいどのくらいなのでしょうか?

私たちは5月に浪江町に行き、空間線量を測定してきました。常磐線「浪江」駅西側、浪江町の繁華街だった川添地域では6mSv/年を超えていました一般公衆の線量限度1mSv/年をはるかに上回り、管理区域(5.2mSv/年)に相当する汚染度です。モニタリングポストは空間線量を低く表示し、住民はほとんど帰還していませんでした。

 私たちが測り、見て、聞いてきた「浪江町の放射能は いま」を報告します。

Photo_3

« 福島甲状腺検査に大欠陥!ー4歳児の甲状腺がん、検討委にも報告されずー | トップページ | 死に至る内部被ばく-5.13第36回被ばく学習会報告・その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1976038/70697867

この記事へのトラックバック一覧です: 6.6浪江町線量測定報告会 「測った・見た・聞いた 浪江町の放射能はいま」開催のお知らせ:

« 福島甲状腺検査に大欠陥!ー4歳児の甲状腺がん、検討委にも報告されずー | トップページ | 死に至る内部被ばく-5.13第36回被ばく学習会報告・その2 »

無料ブログはココログ