« 10.31落合栄一郎さん懇談会の報告;核被害の実態 | トップページ | 内部被ばくはこうして隠された(高橋博子さん):5.13 第36回被ばく学習会報告ーその3 »

2017年12月 3日 (日)

5周年記念 1.20 被ばく学習会 山本義隆が語る原子と放射能の不思議

2018012014ad_

 チラシPDFはこちら
 被ばく学習会5周年にあたり、駿台予備校で物理を分かりやすく教えてくれると評判の山本義隆さんに、以下のような原子と放射能の不思議についてお話しいただきます。
 1.あなたのからだも、着ている服も、世の中の物はみんな、目に見えない原子でできています。なんで人間は、そんな信じられないようなことを考えたんでしょう? 

2.放射性原子が核分裂や核崩壊(壊変)すると、ものすごいエネルギーの放射線が出て分子を次々に破壊するそうです。福島原発事故で飛散したヨウ素やセシウムのベータ線やガンマ線もそうです放射線のエネルギーはどうしてそんなに高いのでしょうか?

<山本義隆さん プロフィール>

1941年大阪生まれ。64年東京大学物理学科卒業、同大学大学院博士課程中退、学校法人駿台予備学校勤務、科学史家。『磁力と重力の発見』全3巻(みすず書房、2003年)でパピルス賞・毎日出版文化賞・大佛次郎賞受賞。主な著書に『福島の原発事故をめぐってーいくつか学び考えたこと』(みすず書房、2011年)、『原子・原子核・原子力』(岩波書店、2015年)、『古典力学の形成ーニュートンからラグランジュへ』(日本評論社、1997年)、『16世紀文化革命』全2巻(みすず書房、2007年)など。

120日(土)午後1時開場 1時15分~445

文京区・男女平等センター・研修室A

2

地下鉄丸の内線、大江戸線「本郷三丁目」駅下車 徒歩5分、

都営地下鉄「春日」駅7分

文京区本郷4-8-3 本郷真砂(まさご)アーバンハイツ1階  

資料代:1,000円 

要予約https://goo.gl/1V4o3Q から予約を!(定員130名) 

    電話予約090-3577-4844

« 10.31落合栄一郎さん懇談会の報告;核被害の実態 | トップページ | 内部被ばくはこうして隠された(高橋博子さん):5.13 第36回被ばく学習会報告ーその3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 10.31落合栄一郎さん懇談会の報告;核被害の実態 | トップページ | 内部被ばくはこうして隠された(高橋博子さん):5.13 第36回被ばく学習会報告ーその3 »