« なぜ放射線の影響には、それ以下なら 安全な「しきい値」がないのか? | トップページ | パンフレット「受けて安心 甲状腺検査」を作成しました! »

2018年2月27日 (火)

2月25日、ICRPの考え方を学ぶ

 2月25日(日)午後、第42回被ばく学習会「ICRPの基本;確率的影響、しきい値なし線形 いっぺんに浴びなければ大丈夫、じゃない!! 被ばくによるリスクは積み重なる!!」を開催、23名が参加しました。

1 当会の田島直樹さんのお話をめぐって、『しきい値』という言葉の意味などをはじめ、いまさら聞きにくい(?)質問も活発で、ICRPの基本的な考え方について理解を深めました。

 映像;前半の全体はこちら
     田島さんのお話・前半はこちら
     後半はこちら
 資料はこちら
 
 次回の被ばく学習会は3月18日(日)午後、「ごみ処理で放射能が飛んでくる?」です。
文責:温品惇一

« なぜ放射線の影響には、それ以下なら 安全な「しきい値」がないのか? | トップページ | パンフレット「受けて安心 甲状腺検査」を作成しました! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月25日、ICRPの考え方を学ぶ:

« なぜ放射線の影響には、それ以下なら 安全な「しきい値」がないのか? | トップページ | パンフレット「受けて安心 甲状腺検査」を作成しました! »

無料ブログはココログ