« | トップページ | 福島の甲状腺がんは公式発表より70人以上多かった! 正確な甲状腺がん患者数を明らかにするよう求める要望書を提出! »

2018年12月19日 (水)

ウソ宣伝の『放射線のホント』廃刊を求める署名にご協力を!

Ver2_

 復興庁パンフレット『放射線のホント』は ”放射能は安全で、福島原発事故で健康被害は起きていないし、今後も起こらない“ とウソを宣伝しています。その内容が文科省の放射線副読本に盛り込まれました。学校でウソを教え、だましてはいけません。

避難指示が解除された地域では「ふるさとに帰った人たちにも、日常の暮らしが戻りつつあ」ると宣伝しています。しかし、浪江町に戻ったのはわずか6%。子どもや若い人はほとんど戻らず、大部分が高齢者。孫の顔も見られないのにとても「日常の暮らし」とは言えません。

5_edited1

 「日本は世界で最も厳しいレベルの基準を設定して食品や飲料水の検査をしており」とうたっています。根拠とされている表には見逃せないトリックがあります。事故翌年4月以降の「平常」時の日本の基準値と、緊急時の外国のゆるい基準値とをくらべています。同じ状況でくらべなければいけないのに、異なった状況の基準を並べて日本の値を厳しく見せ、「世界で最も厳しい」と印象づけようとしています。

税金でウソの宣伝をしている『放射線のホント』を廃刊にするよう求めます。

5

                    
 
 問題点が3分で分かるネット署名こちらから

 メールで署名される方は、メールの件名を「ホント」廃刊署名とし、お名前、住所をanti-hibaku@ab.auone-net.jp 宛てにお知らせください。

 署名用紙PDFこちら

 署名用紙が必要な方は、anti-hibaku@ab.auone-net.jp までご連絡ください。郵送します。

 署名の郵送先:343-0838 越谷市蒲生2-16-33-102 温品惇一 

ここが問題だ! 『放射線のホント』

Hontover32comp1_2

 

『ホント』撤回署名にもご協力を!> 

(文責:温品惇一)

« | トップページ | 福島の甲状腺がんは公式発表より70人以上多かった! 正確な甲状腺がん患者数を明らかにするよう求める要望書を提出! »

コメント

温品惇一様
 清瀬・憲法九条を守る会の事務局をしています福田 緑と申します。今度の市議会にこの『放射線のホント』と似た内容の『放射線副読本』を使用しないように請願を出そうと思っているのですが、一つ教えていただきたいことがあります。
 例の食品中の放射性物質に関する指導等という比較表でEU、米国、コーデックスの基準値が緊急時のもので誤魔化しがあるという点を訴えたいのですが「それなら本当の基準値はいくつなんだろう?」という疑問を解きたくてウェブサイトを探してもなかなか答えが見付かりません。「本当はこんなに低いのにこの表ではこんなに高く書いている」という矛盾を突くためにも基本のデータを見たいのです。どこを見たら緊急時のものではないEU、米国、コーデックスの基準値が見られるのか教えてはいただけないでしょうか。検索の仕方が下手でお忙しいのにお手数をかけて大変申し訳ありません。どうぞよろしくお願いいたします。

温品惇一様
 清瀬・憲法九条を守る会の事務局をしています福田 緑と申します。今度の市議会にこの『放射線のホント』と似た内容の『放射線副読本』を使用しないように請願を出そうと思っているのですが、一つ教えていただきたいことがあります。
 例の食品中の放射性物質に関する指導等という比較表でEU、米国、コーデックスの基準値が緊急時のもので誤魔化しがあるという点を訴えたいのですが「それなら本当の基準値はいくつなんだろう?」という疑問を解きたくてウェブサイトを探してもなかなか答えが見付かりません。「本当はこんなに低いのにこの表ではこんなに高く書いている」という矛盾を突くためにも基本のデータを見たいのです。どこを見たら緊急時のものではないEU、米国、コーデックスの基準値が見られるのか教えてはいただけないでしょうか。検索の仕方が下手でお忙しいのにお手数をかけて大変申し訳ありません。どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウソ宣伝の『放射線のホント』廃刊を求める署名にご協力を!:

« | トップページ | 福島の甲状腺がんは公式発表より70人以上多かった! 正確な甲状腺がん患者数を明らかにするよう求める要望書を提出! »