« 7月11日、第4回ネット学習会「鈴木・山下法廷証言とその意味あい」を開催しました | トップページ

2020年7月20日 (月)

8月2日(日)午後、第5回ネット学習会「中学生への放射線教育」を開催します

20200802daiji

  参加される方はanti-hibaku@ab.auone-net.jp にお申込みください。

8.2ネット学習会のURLをお送りいたします。

中学校の社会科教員だった西脇さんは福島原発事故に大きな衝撃を受け、その年は、政治分野の授業を原発事故、被ばく、避難、政府や自治体の対応、作られていく法律などを題材に進めました。それらを自分事として考え、理解し、自分で判断する姿勢を身につけてほしい、との願いが込められていました。

以後は、毎年、放射線被ばくの問題を知らせる授業を行い、退職した現在も出前授業を続けているそうです。

資料を集めて作ったスライドを実演してもらい、中学生に被ばく問題をどう伝えるか、一緒に考えていきたいと思います。

(文責:温品惇一)

   

« 7月11日、第4回ネット学習会「鈴木・山下法廷証言とその意味あい」を開催しました | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 7月11日、第4回ネット学習会「鈴木・山下法廷証言とその意味あい」を開催しました | トップページ