« 10.5 第7回ネット学習会「福島の いま」 講演:木幡ますみさん(福島県大熊町在住) | トップページ

2020年10月26日 (月)

11.10 吉田千亜さん学習会「『孤塁』から考える、原発避難の問題点」を開催します

Kakomi2

Korui

 吉田千亜さんは1月に出版された「孤塁」(岩波書店)で、福島原発の事故当時に、人々がどのような状況に置かれたか、避難する人々と逆に、逃げ遅れた人々を救出しに行く消防士66名の聞き取りを通じて、克明に描き出しました。

 

任務外の原発サイト内の消火にまでかり出され、「死ぬかと思った」ほどの状況だったそうです。
 

 原発爆発を受けて「遺書」を書く消防士たちの姿まで描いた「孤塁」は今年の日本ジャーナリスト会議賞(JCJ賞)、講談社本田靖春ノンフィクション賞、そして日隅一雄・情報流通促進賞2020大賞を受賞しています。

 吉田千亜さんのお話から、福島原発事故当時の緊張の日々を振

り返ります。


 参加される方はこちらからお申し込みください。

 折り返し、11.10ネット学習会のURLと、カンパの送り先をお知らせします。
カンパの8割は吉田千亜さんに、2割はZoom使用料等に充てますので、ご了承ください。

   (文責:温品惇一)

 

 

 

 

« 10.5 第7回ネット学習会「福島の いま」 講演:木幡ますみさん(福島県大熊町在住) | トップページ

コメント

福島第一原発事故の原因は原子力安全条約違反です。当然皆さんは東電、国に賠償を請求できます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10.5 第7回ネット学習会「福島の いま」 講演:木幡ますみさん(福島県大熊町在住) | トップページ

無料ブログはココログ