« 2.22 被ばく学習会 放射能付きPCB 室蘭市への移動・処理を考える | トップページ | 声明 11年後の311を迎えるにあたって 福島甲状腺がんの捕縛影響を認め、原発より いのちを守れ! »

2022年1月30日 (日)

1.22 黒川眞一さん 被ばく学習会 統計学から見るとこんあにおかしい 甲状腺がん「過剰診断」論の動画・資料です。菊池 誠氏登場で白熱議論

2022122

 

 1月22日の被ばく学習会は180名の参加で大盛況でした。

 黒川さんから、「過剰診断」論に関連して、

 ①三県調査(青森、山梨、長崎県での甲状腺検査)についてどのように考えればよいか

 ②罹患率から有病率を計算する際の有病期間をどのように求めればよいか

 ③日本における福島県以外の放射線被曝がない地域で行われた甲状腺がんのスクリーニング検査結果から何がいえるか

 について、じっくりお話しいただき、「過剰診断」論の根拠のなさがますます明らかになりました。

 

 参加者の1人、「過剰診断」論者の菊池 誠・大阪大学教授と白熱の議論が交わされました

 菊池氏は何のエビデンスも示さずに過剰診断と主張し、「過剰診断」論批判は、何のエビデンスも示さずに否定しました。もともと福島甲状腺がん「過剰診断」論には何の根拠もありません。

 

  黒川さん講演動画はこちら

 黒川さんが補充・修正された資料はこちら 

(文責:温品惇一)

  

« 2.22 被ばく学習会 放射能付きPCB 室蘭市への移動・処理を考える | トップページ | 声明 11年後の311を迎えるにあたって 福島甲状腺がんの捕縛影響を認め、原発より いのちを守れ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2.22 被ばく学習会 放射能付きPCB 室蘭市への移動・処理を考える | トップページ | 声明 11年後の311を迎えるにあたって 福島甲状腺がんの捕縛影響を認め、原発より いのちを守れ! »